お米に関する情報が満載!

日本人ならお米!

日本人のソウルフードお米を消費してみませんか

昔は、白米といえば、それだけでご馳走でありました。
しかし、戦後の洋食の普及、学校給食でのパン食の普及により、お米の消費は低下し、一日に一食もご飯を食べない家庭も現れるようになりました。
今後は、TPPにより日本の米生産の現場はさらに厳しくなると予想されます。
では、どのようにすれば消費を増やすことができるのでしょうか。
近年では、お米を小麦の代わりにパンや麺の材料にする取り組みも行われてきました。
お米からパンを作ることができるホームベーカリーは、ヒット商品にもなりました。
しかし、これらは根本的な問題解決につながっていないようにも思います。
前述のようにTPPにより、安価な外国産米が輸入されれば、国産米は大きな打撃を受けるかもしれませんが、かつてオレンジの自由化やサクランボの自由化等、国産の農産物が危機にさらされることはありましたが、いずれも品質に優れる国産品に軍配が上がりました。
戦後日本の米農家は政府により手厚く守られてきましたが消費回復のためには原点に返った品質の向上に努めることが一番なのではないでしょうか。

消費量減少?お米ってすごいんだ。

日本人の主食であるお米ですが、毎年そのお米の消費量が減少していることはご存知ですか?食生活の外部化や多様化が原因と言われていますが、お米には魅力が満載です。
例えば、私たちが普段何気なく食べている白米、この白米には、でんぷん、たんぱく質、ビタミン、脂肪、と豊富な栄養素が含まれています。
中でも、白米の中心的存在であるでんぷんは、消化吸収率が高く、極めて質の良いものだと言われています。
このため、白米のでんぷんには、人間のエネルギーを蓄え、持続する効果が期待できます。
そして、近年耳にする「GABA」健康食品にも使用され話題となっていますが、これも白米に含まれています。
GABAは、血圧を下げる、動脈硬化を予防する、脳細胞の代謝を活発にするなどの健康効果が注目されています。
身近すぎて、忘れてしまいがちな白米のパワーを再確認してみると、海外で日本食、特にジャポニカ米が注目されている理由も少しわかるような気がします。
もう一度、毎日のごはんに注目してみてはいかがでしょうか?

recommend


エクステリアを高崎で作る


Last update:2019/7/23

『お米 消費』 最新ツイート

@nou_hanayo_bot

お米は日本人にとって欠かせないものですっ。が、その消費量は減少傾向にあります 昭和37年の国民一人当たり118.3kgをピークに減り続け、現在はおよそ半分の64.6kgにまでなってしまいました… みなさん!ご飯をもっと食べましょう!!! ええっ?太るからダメ…?そんなぁ…(泣)

4時間前 - 2019年08月20日


@HNAoiio

消費税も上がって、水道料金も上がったら今の会社の給料じゃお米も買えないし水も使えなくなる…長野って他県より元々水道料金高いらしいから尚更…なんとかその前に転職したい

5時間前 - 2019年08月20日


@310san_gohan

暑さも和らいだので気が向いて久しぶりの夜ご飯!(笑)大量に頂いたナスを消費🥰安かったので豚肉ハーブ焼き🥰 お米は我慢して豆腐のにんにくラー油😇隣でお米食べてるの見るのつらい👹笑 #おうちごはん #夜ご飯 #麻婆茄子 #ハーブ焼き… https://t.co/6kdQjE283X

7時間前 - 2019年08月20日


△ページ上部